10月の本とコーヒー
5f5c52868f2ebd07eb63ff6d 5f5c52868f2ebd07eb63ff6d 5f5c52868f2ebd07eb63ff6d 5f5c52868f2ebd07eb63ff6d 5f5c52868f2ebd07eb63ff6d 5f5c52868f2ebd07eb63ff6d

2020/10/31 23:59 まで販売

10月の本とコーヒー

¥2,770 税込

送料についてはこちら

販売終了しました

その月のナツメ書店おすすめの本と、Sleep Coffee and Roasterが本に合わせてセレクトしたコーヒーのセットです。 ▷ 10月の本|どこにでもあるケーキ 詩集『よいひかり』に続く、三角みづ紀さんの第8詩集は、詩人の記憶を重ねた13歳を描く33篇の書き下ろしです。 誰もが感じてきた変わっていく心と身体と家族との関係性、教室の疎外感や世界の美しさを、失った記憶が蘇るように描きだします。 淡々とした言葉で、心の機微をそっとなぞるように綴られる、どこかにいるはずの、13歳の「わたし」の物語。 本の中の言葉を辿るうちに、気づくと13歳の私がそこにいます。 清潔で冷たく光るケースの中に佇む、美しく繊細なケーキのように保存されていた、かつての自らの感情が、そのまま差し出されるような詩集です。 装画は塩川いづみさん。 小ぶりの上製本は透けるグラシン紙で包まれており、金に箔押しされた題字、蛍光レッドで縁取られたページなど、すみずみまで美しい一冊です。 詩篇|三角みづ紀 装画|塩川いづみ 発行|ナナロク社 ▷ 10月のコーヒー|エチオピア 感覚的で思慮深い言葉の世界にすうっと吸い込まれる気持ちでした。 読み進めるなかで何度も「詩はいいな」と思う作品でした。 ふと気付くと13歳の言葉にはっとし、頷いたりしていて楽しかったからです。 いつもの選び方とは違い「13歳の主人公に飲んでもらいたいコーヒー」を選びました。 そして「珈琲はいいな」と思ってもらえるようにエチオピアを選びました。 このコーヒーがとても美味しいので一度飲んでみて欲しいなと思ったのです。 華やかな香りと、すっきりとした後味。冷めても美味しい。 こんなコーヒーもあるんです、と一度試して欲しい気持ちになりました。 読書のお供にもよいし、ケーキと一緒にお召し上がりいただくのにもおすすめできます。 ※コーヒー豆のタイプを「豆」「粉」「ドリップバッグ」よりお選びください。